圧着ハガキの作成依頼は専門業者がおすすめ!業者を比較して選ぼう

着圧はがき

圧着ハガキの特性を活かしたおすすめの使い方

ポストの模型

圧着ハガキは二つ折りや三つ折りの形状を利用して、ハガキサイズでたくさんの情報を提供できる広告郵便です。圧着してもサッと剥がせる特殊な加工により、中面の印刷内容もキレイに確認でき、この面にはシークレットな情報も掲載できるという特性があります。特殊な加工も印刷も、圧着ハガキの作成依頼を専門業者にすることで、スムーズな発送が可能です。
では実際に、圧着ハガキはどんな使い方がおすすめと言えるのでしょうか。たくさんの情報を掲載できる特性を活用して、従来は封書などでチラシを発送していたDMを、このハガキに変えてみてはいかがでしょうか。中面も利用すれば、たくさんの商品情報を掲載でき、送料を抑えた発送が可能になります。DMによってはプライベートな情報を送りたいこともありますが、気密性が高い圧着ハガキならそのような使い方にも適しています。
DMの利用シーンでは、キャンペーンの知らせなどがおすすめできます。圧着ハガキは簡単にめくれる構造になっているため、中身を開ける動作に手間がかかりません。手に取ったら開けたくなる心理も働くので、開封してもらえる可能性が高く、キャンペーンのお知らせを逃さず伝えられるでしょう。圧着ハガキの特性を活かして、宣伝やお知らせに役立てていきましょう。

圧着ハガキは内容が外から見えないので機密情報も安心して送れます

ハガキを受け取った後に、圧着された中面を開くことで情報を知れる圧着ハガキは、その仕組みから機密性が高いのが特徴的です。
受け取った本人以外が決して内容を見ることはできないので、裏を返せば記載されている情報がわかってしまう通常のハガキよりもセキュリティが優れています。
そのため圧着ハガキは、住所や名前以外の個人情報が多く含まれていたり、あまり他人に知られたくないプライベートな広告や、また限定的にお知らせをしたい時に重宝する郵送方法です。
また、機密性が高いだけではなく、封筒とは違って、中身がきっちり閉じられているため、内容が表に透けることがなく第三者の閲覧防止にも向いています。
さらに、一度接着面を剥がしてしまうと、再度閉じることができないため、従来の封筒と比較してもそのセキュリティ対策は強くなっています。
つまり内側が圧着されている場合、第三者が勝手に中身を確認しづらくなっているので、送った方も送られた方にも安心感があります。
圧着ハガキの作成は専門業者に依頼することで、品質と機密性高い二つ折りのハガキに仕上げてもらえます。
専門業者だからこそ糊面がきれいに剥がしやすく、中綴じ部分の印字がきれいに見える高品質のものを安価で制作してもらえます。

宣伝用の媒体として積極的に活用したい圧着ハガキ

圧着ハガキという呼称の特別なフォーマットを持つハガキがあります。通常のハガキは、裏表の2面にしか印刷できませんが、圧着ハガキは、糊付けして封入した内部にも情報を載せることができます。こうした特別な造りをしているため、圧着ハガキには情報量が多いという特徴があります。加えて、封をした内部を見たい気持ちにさせるユニークな効果もあります。この2つの特徴ゆえに、圧着ハガキは、広告宣伝の目的を達成するのに、非常に適した郵便物と考えることができます。それというのも、広告はある程度の情報量がなければ、見る人に興味を持ってもらえません。また、そもそも封を開いてもらえなければ、どれほど豊富な情報を提供しても、やはり広告としての効果は期待できないでしょう。そのため、豊富な情報を載せることができるだけの十分なスペースを持ち、なおかつ、糊付け箇所を開いて内容を確認したいと思わせる構造を持っている圧着ハガキは、広告宣伝に使用するのに向いていると考えられるのです。
圧着ハガキの作成は専門業者に依頼できるため、自社での対応を検討するには及びません。作成料金や納期を調べて、会社の想定している条件に合う業者に発注しましょう。

圧着ハガキの作成を依頼するのなら【ユニオン印刷】がおすすめです。さまざまなタイプの圧着ハガキに対応しているので是非一度相談してみてください。

関連記事

年賀状作成

圧着ハガキの心理的効果を活用してDMに使ってみよう

DMは、不特定多数を対象とした広告とは違って、自分あてに届く郵便物のため、それだけでも注目度は高いと言えます。そこで、DMとして圧着ハガキを使うと、さらに、お知らせする内容に注目してもらえる可能性を高めることができます。それは、圧着ハガキは、他の媒体にはない特有の心理的効果があるためです。その心理的効果というのは、開封して内容を確認したいという気持ちを…