圧着ハガキの作成依頼は専門業者がおすすめ!業者を比較して選ぼう

着圧はがき

多くの情報を安く伝えたいときに圧着ハガキを使おう

郵便物

圧着ハガキは通常のハガキに比べて、数倍は多い量の情報を記載することができます。イメージとしては、小型のチラシ程度の内容を印刷できると考えればいいでしょう。それは、折りたたんで糊付けする部分の内側にも情報を含めることができるためです。しかし糊付けした状態だと、郵便物としてのサイズはハガキを同じになります。従って送料はハガキと一緒ですので、結果的により多くの情報を安く伝えられることになります。圧着ハガキのこの特徴を活かすなら、例えば、新商品の案内キャンペーンの際に、DMに使う等の用途が考えられます。キャンペーン情報は伝える量が少なすぎると、受け取った人にあまり興味を持ってもらえません。しかし、圧着ハガキの情報量の多さを活かして、新商品に関する情報を十分に載せておけば、案内を受け取った人の興味を十分に惹きつけられる可能性が高まるでしょう。
圧着ハガキの作成は専門業者に依頼するのが通例のため、専門業者に支払う外注費用、ならびに送料がかかります。しかし業者によっては、作成費用は非常に安く、広告郵便扱いで送料も割引になる場合があります。安く沢山の情報を届けたいときには、圧着ハガキを使うのがおすすめです。

関連記事

年賀状作成

圧着ハガキの心理的効果を活用してDMに使ってみよう

DMは、不特定多数を対象とした広告とは違って、自分あてに届く郵便物のため、それだけでも注目度は高いと言えます。そこで、DMとして圧着ハガキを使うと、さらに、お知らせする内容に注目してもらえる可能性を高めることができます。それは、圧着ハガキは、他の媒体にはない特有の心理的効果があるためです。その心理的効果というのは、開封して内容を確認したいという気持ちを…